• sakurako wakatsuki

イタリアに音楽留学する(日本での準備編)

世間のニュースはコロナ一色。

もう今できることと言ったら、世間が元に戻った時により良いスタートを切るための準備かな、と思いました。


ので、私がイタリア留学した時にやったことをゆるゆるとご紹介したいと思います。



とは言うものの、レッスンを受けてみないと本当に全く分かりません。

私も最初に決めて行った先生と何か合わない気がして、

結局今の師匠にたどり着くまで8ヶ月かかりました。

ミラノには幸いなことに日本人の留学生仲間が沢山いるので、

最初は彼らからの紹介や口コミで先生探しをしました。


最終的に2人の先生が見つかったのですが、1人はスカラ座の当日券チケットを入手するために並んでいた時の世間話で偶然紹介して頂くことになり、もう一人は隣のアパートに住んでいらっしゃるアーティストの方のイタリア人のお友達に紹介していただきました。


なので、最初から1人に絞る必要は全くないと思います。

しかし、習いたい先生がミラノに住んでいるから住む街をミラノにしよう、くらいに目処が立つので、なんとなく決められたら良いと思います。




ビザというのは、イタリアに入国するための書類で滞在許可書ではありません。

普段旅行に行くときはそんなもの持ってないよ、という方もいらっしゃるでしょうが、これは日本人が90日の観光の時はビザを免除されているだけです。


留学期間が90日以内で、イタリアでアルバイトなどをする予定もなければこの工程はすっ飛ばしていただいて大丈夫です。


①イタリアの音楽学校に入学する

→イタリア文化会館を通して願書出して頑張る奴です。

 私は音楽学校にはいかなかったのでここの工程はもっと詳しい方にお伺いください。

 詳しい方はご紹介できます!笑


②語学学校に入る

→音楽学校に行かない人は大体これなのではないでしょうか。


 語学学校には様々ありますが、大きく分けてこの3つです。

 ・週5の授業があって、語学検定にも力を入れているところ。イベントもほぼ毎週あり。

 ・週3くらいの授業あり。

 ・授業はほぼ行われていない、ビザを取るためだけに存在している学校。


イタリア語に何の問題もないのであれば、3つ目のビザを取るための学校でも良いかもしれませんが、私のようにciao(やあ!)とho fame(私は空腹です)だけでイタリアに入国する予定の方は、きちんと週5のレッスンがある学校をおススメします。


私はこちらの語学学校に申し込みました。

ビザの書類のためには、留学中の学費を全額支払い終えた領収書が必要です。

ここは国際送金など面倒くさいことをしなくても、クレジットカードで手続き可能でした。

しかも死ぬほど留学生に慣れているので、必要な書類は言わなくても全部送ってくれます。

片言の英語か、グーグル翻訳のイタリア語で手続きができます。


日本語で全て代行してくれるサービスもありますが、一人で問題なくできました。


③私立の音楽アカデミーに入る

 →私立の音楽アカデミーでビザが取れるところもあります。

  レッスン費や取得の手続きなど様々あると思うので、

  そこに実際に行っている人を探してアドバイスを貰うのが良いと思います!



住むとこが決まっていないとビザ取れません!

そして、その住む予定の部屋の大家さんから書類をもらわなければいけません。


問題なく出してくださる大家さんもいるみたいですが私が住みたかったお家の大家さんは嫌がるタイプでした。なぜかはわかりません。税金的な何かですかね?


ここで語学学校からの宿泊施設斡旋を使いました。


これで住むところも語学学校が責任持つよーという書類を手にすることができます。

もしも大家さんに嫌がられたら斡旋してもらいましょう。


私は1週間だけ斡旋されたところに住み、すぐに住みたいお家に引っ越しました。

ビザの申請の時の住所と現住所が違っても滞在許可証取得には問題なかったです。


ただ、語学学校にはきちんと短期間で出る予定だということは伝えました!


住むとこ探しも誰かの紹介が一番安心です。

歌っていいよと言われていたのに、実際住んでみたら怒られちゃう物件とかあるみたいですからね!




留学期間をまるっとカバーした海外旅行保険の証書もビザ入手手続きに必要な書類の1つです。

だけどビザ取らない方も1年分だと安くても20万円とかしてしまってとってもコストが高いのですが、絶対入りましょう。

そしてできることなら歯科特約を付けましょう!!!!


私はイタリアに行って2週間くらいで歯の詰め物が取れました。

日本に住んでてそんなこと一回もなかったのに!!笑


ネットで調べたら、歯医者さんは本当に高いらしくて、ドキドキしながら治療してもらいました。

もともと歯医者さん苦手なのに、この後100万円とか請求されちゃったらどうしよう!と思って。笑

幸い25000円くらいで済みましたが、次に保険に入るときには絶対に歯科特約つけようと思いました。


後、クリスマスの時期に死ぬほど具合が悪くなってしまい死ぬと思ったんですが、時期が悪くクリスマスでお医者さんがみんなお休みでした。

そのときに保険会社に電話をしたら病院はやってないけど、お医者さんにお家まで往診していただけることになりました。


ほんっとに電話先の保険屋さんが優しすぎて頼もしかったです。


「日本人は自分が普段飲んでる抗生物質の名前も知らんのか!」と言われながら診察していただきました。普段飲んでる抗生物質なんてないよ。生きててよかった。


AGI損保さん、本当にありがとう。





九段下のイタリア文化会館じゃないですよー!

田町のイタリア大使館ですよー!


インターネットから予約が取れるので、希望の日に予約を入れましょう。

申請してから2週間くらいでビザが下りるので、出発日から逆算してください。

結構直近の日程は埋まっているので、早めに予約のページを確認した方がいいかもしれません!


私は3月15日に出発予定だったところ。12月に予約しました。笑

早すぎるけど、申請できちゃいます。


必要書類全部抱えてとりあえず行きましょう!

不備があったら再提出させられるだけなので大丈夫です。

私も再提出しに行きました。笑


不備しかなかったら受理してもらえない危険性もあるので、ある程度は揃えましょう。



提出したら「この日にビザできるから取りに来てね」と受付で言われるので、その日に行けばオーケーです。

これで日本での準備終わり!




なんだかちょっと手持ち無沙汰なこのタイミングで…と思って書き始めたら意外に超大作。

今度はイタリアに行ってからのことも書きたいです。


改めて思ったことは、

私ほとんど誰かに助けられて生きていたんだなあということ。


アリガタヤアリガタヤ。


こんな私の日記が、次は誰かのお役に立てますように!


24回の閲覧

Copyright © 2017 Sakurako Wakatsuki Official Website. All rights reserved.

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-youtube